« January 2014 | Main | January 2016 »

また一年(と一日)が経ちました。

昨日になりますが、今年もいぬい先生のお命日を迎えることが出来ました。

言い訳にすぎませんが、昨夜は、あふれるような震災20年番組と、ピケティ先生の白熱教室で心がザワザワして、書くことができませんでした。

13年。

江戸時代にも大正時代にも60年代にも憧れない私ですら、先の暗さが感じられるようになりました。自分に出来る(小さな)ことは何だろう?


文庫卒業生代表格の小松原宏子さんが続けられているロールパン文庫のブログが、続いています。
http://blog.livedoor.jp/butter_roll/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2014 | Main | January 2016 »