« January 2017 | Main

16年が過ぎました。

「月日は百代の過客にして、」なんて似合わない風流をもらしてしまう、いぬいとみこ先生のお命日です。

ムーシカ文庫生としては比較的若い世代に属する私も、とうに人生の後半戦。歳を取るほどに、いぬい先生への敬意は増すばかりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2017 | Main