訃報:松永太郎さん

松永ふみ子先生のご子息、松永太郎さん(翻訳家、多摩美術大学講師、レモン画翠社長、平河総合戦略研究所理事)が11/15、61歳という若さで亡くなられた。
葬儀告別式は、11/23(火)、11時から西蔵院(東京都台東区根岸3-12-38、03-3872-0491)にて。

管理人は残念ながら知遇を得る機会を持たなかったのだが、ご冥福をお祈りします。

ネット上の各所で引用されている絶筆を、以下で読む事が出来ます。
http://www.melma.com/backnumber_133212_5029374

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ねりま文庫展開催のお知らせ

ねりま地域読書サークル連絡会が40周年(!)を迎える事を記念した展示会「ねりま文庫展」が開催されます。

 7/3(金)〜5(日)
  10時〜17時(5日のみ16時まで)
  練馬区立光が丘図書館(2階 視聴覚室および第二会議室)

今回は、現役だけでなく既に閉じた文庫も対象で、ムーシカ文庫も小松原さんを中心に参加します。
ご都合のつく方はぜひ!


図書館HP
http://www.lib.nerima.tokyo.jp/library/hikarigaoka.html

Googleマップ

大きな地図で見る

| | Comments (0)

TVでいぬい先生とムーシカが

NHK総合の番組「ゆるナビ」の中の「さようならの風景」のコーナーで、取り上げられる予定だそうです。
8月23日(水)の夜11:00から、を楽しみに待ちましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小松原さんの連載決定

毎日新聞大阪版の朝刊に「読んであげて」という連載童話のコーナーがあり、そこに5月いっぱい、卒業生の小松原宏子さんが連載されるそうです。
紙面上では西日本限定ですが、(たぶん)5月になるとほぼ毎日、
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/bebe/yonde/
で読む事が出来ます。

昨年に第13回小川未明文学賞の優秀賞を獲られた小松原さんのメジャーデビュー作、皆さん楽しみに待ちましょう!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

『あかちゃん、でておいで!』の復刊を!

「 まだ生まれていない赤ん坊の視点から描かれたとてもユニークな絵本だ。やさしく、暖かみのある、愛情のこもった本である。  ー<ロサンゼルス・タイムズ紙>


日々大量の本が出版されていますが、その陰で多くの絶版や品切れが生じています。そう、以前は広く読まれた本までも。

それに対抗する場の一つが、「復刊ドットコム」です。
ご存じの方も多いでしょうが、誰かが提案し、賛同者の投票が集まると復刊の交渉を開始するサービスを行っています。
(個人的には、ここで三銃士の9巻目以降を手に入れたことがあります)

File0003
今回そこで、松永ふみ子さん翻訳の絵本、「あかちゃん、でておいで!」の復刊リクエストが開始されています。100票集まれば、偕成社から再版される可能性が大とのこと。

登録が必要だったりして少しだけ面倒ですが、復刊に賛同して戴ける方は、ぜひ投票をお願いします。

それと、ムーシカつながりでもう一つ、いぬいとみこさんの『みどりの川のぎんしょきしょき』の復刊リクエストも開始されています。こちらも、復刊に賛同して戴ける方は、ぜひ投票をお願いします。

(蛇足ながら、投票によって購入義務が生じたりはしません。もちろん、ご購入、プレゼント、図書館への購入リクエスト、大歓迎です!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第13回小川未明文学賞

小学3〜6年生を読者対象とした創作児童文学の賞です。
http://www.city.joetsu.niigata.jp/contents/history/mimei/

今年の優秀賞に、小松原宏子さんの『ぼくの朝』が選ばれました。
大賞だと出版されるようですから、プロ作家一歩手前。

皆さん、来年に期待しましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ネバーランド」創刊

「ムーシカ文庫の伝言板」の出版社でもある、(株)てらいんくから、児童文学総合季刊誌「ネバーランド」がいよいよ今月末、創刊されるそうです。

編集委員は、井辻朱美さん、瀬尾七重さん、高田桂子さん、矢崎節夫さん。
創刊号の内容は、童謡、詩、創作、評論等が幾つかずつ、そして特集は「佐藤義美の世界 ーその軌跡と全仕事ー」。
神沢利子さんや小松原宏子さんも寄稿されています。

A5版216ページで1000円(税込)、年間定期購読は4冊送料込み4640円とのこと。
問い合わせは(株)てらいんく、TEL044ー953−1828、FAX044−959−1803までどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

催し「神沢利子の世界」のお知らせ

「北の夜空と童話作家
神沢利子の世界
“鹿よ おれの兄弟よ”朗読と小川純一郎の口琴」

と題したイベントが開かれます。

■日 時■
2004年10月16日(土)14:00〜(開場13:30)
■場 所■
JR王子駅前「北とぴあ」6F スペースゆう(プラネタリウム)
  京浜東北線、営団南北線、都電荒川線が最寄りです。
■入場料■
2,000円(コーヒー・クッキーつき)
保育あり(800円)
■問い合わせ■
プロジェクトゆう 090-8720-5810

ムーシカつながりでも何人かの方が集まりそうです。みなさまもどうぞ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「伝言板」増刷

「ムーシカ文庫の伝言板」、第二刷が出ます。

本もCDも初版のみというケースが多いこのご時世、ありがたい事です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初めてのトラックバック

つい先ほど気づいたのですが、一番最初の記事、場所的にはこの欄一番下の、「出版のお知らせ」に、由良さんという方から、初のトラックバックを戴きました。
たくさんの本の事が記され、多くのアクセスを集めていらっしゃる、綺麗なサイトです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)